人文社会科学部地域史シンポジウム「異説?新説!佐竹一族」(水戸キャンパス)

 第13回茨城大学地域史シンポジウム「異説?新説!佐竹一族」を、2018年1月28日(日)、茨城大学水戸キャンパス人文社会科学部棟10番教室にて開催します。入場無料、予約不要です(先着280名)。

 人文社会科学部の地域連携事業の柱の一つである地域史シンポジウムでは、これまで茨城をフィールドとしながら古代史、中世史、近世史、近現代史、世界史など多彩なテーマで開催してきました。今回は、関ヶ原合戦後、秋田に転封となるまで約500年間、この地域を領した「武家・佐竹氏」に関する研究をテーマに開催します。 近年、多くの事実が明らかになりつつある佐竹氏研究の最前線を、市民の皆様にわかりやすくお届けします。
 皆様のご来場をお待ちしています。

20180128 satake.jpg詳しくはチラシ(PDF)をご覧ください。

人文社会科学部地域史シンポジウム「異説?新説!佐竹一族」(水戸キャンパス)

【日時】 2017年1月28日(日) 12:30~17:00
【場所】 茨城大学人文社会科学部棟10番教室(茨城県水戸市文京2-1-1)
【入場料】無料
主催:茨城大学人文社会科学部
後援:茨城県教育委員会 常陸太田市教育委員会 常陸大宮市教育委員会  茨城大学五浦美術文化研究所 茨城大学中世史研究会

プログラム

基調講演「豊臣政権期 佐竹氏の権力構造」
佐々木倫朗(大正大学文学部教授)

【報告】
「『常陸奥郡十年戦争』試論」 茨城大学人文社会科学部教授 高橋 修
「部垂の乱と佐竹氏」 水戸第一高等学校教諭 山縣創明
「佐竹『洞』と常陸平氏」 筑波技術大学職員 中根正人
「戦国期 佐竹氏の権力編成 ―江戸氏・小野崎氏の位置―」 東北大学大学院生 泉田邦彦
「常陸佐竹氏の終焉―関ヶ原合戦と秋田転封―」 東海村立図書館嘱託司書 森木悠介

アクセス

〒310-8512茨城県水戸市文京2-1-1 茨城大学水戸キャンパス 人文社会科学部講義棟10番教室

JR水戸駅 (北口) バスターミナル7番乗り場から茨城交通バス「茨大行 (栄町経由) 」に乗車、「茨大前」で下車。

※時間帯によっては、「茨大正門前」 (最寄り) で下車することができます (バス乗車時間は約25分)。詳しくは下記「茨城大学専用のバス案内ページ」をご覧下さい。

関連イベント

特別展示 新発見!元応元年(1319)11月 6 日付佐竹彦四郎宛沙弥某奉書
【日時】2018年1月28日(日)11:00~17:00
【場所】】茨城大学図書館 展示室(茨城県水戸市文京2-1-1)
 ※佐竹一族宛ての現存最古の古文書が発見されました。所蔵者のご好意により、実物が初めて公開されます。1日限りの限定公開です。お見逃しなく。

お問い合わせ

茨城大学 人文社会科学部 高橋 修 研究室
e-mail:osamu.takahashi.nzn[a]vc.ibaraki.ac.jp  ※[a]を@に変換してお送りください。