シンポジウム「URAの育成と大学でのシステムの定着に向けて」(東京)

 茨城大学は、宇都宮大学および群馬大学とともに採択された文部科学省科学技術人材育成のコンソーシアムの構築事業"地域特性を活用した「多能工型」研究支援人材養成拠点"の一環として、12月8日(金)、JA共済ビル(千代田区)において、URAの育成および大学でのシステム定着をテーマとしたシンポジウムを行います。
 今回のシンポジウムでは、事業実施大学(茨城大学、宇都宮大学、群馬大学)を中心に、URAシステムの定着と大学内でのURAの認知度の向上がどの程度進んでいるか、さらには、個々のURAの評価の在り方をテーマに議論します。
 本事業にご関心・ご期待を持っていただける方のご参加をお待ちしています。

2017URAシンポジウム(東京)チラシ
チラシをクリックするとPDFファイルが開きます

シンポジウム「URAの育成と大学でのシステムの定着に向けて」

※地域特性を活用した「多能工型」研究支援人材養成拠点(平成26年度採択 文部科学省科学技術人材育成のコンソーシアムの構築事業)
【日時】 2017年12月8日(金) 13:30~16:55
【場所】 JA共済ビル1F カンファレンスホール(東京都千代田区平河町2-7-9)※東京メトロ有楽町線、半蔵門線、南北線 「永田町駅」4番出口から徒歩2分

プログラム

13:30~13:35 1. 開会挨拶
峯岸 敬(群馬大学 理事・副学長【研究支援人材育成コンソーシアム運営協議会主査】)
13:35~13:40 2. 来賓挨拶(文部科学省科学技術・学術政策局人材政策課)(予定)
13:40~14:00 3. 基調講演1
「文部科学省における産学連携の取組について」
村瀬 剛太(文部科学省 科学技術・学術政策局 産業連携・地域支援課 大学技術移転推進室長)
14:00~14:45 4. 基調講演2
「琉球大学におけるURAの導入と活動の展開」
西田 睦(琉球大学 理事・副学長(研究・企画戦略担当))
14:45~15:05 5. 多能工型 」研究支援人材育成コンソーシアムの活動と成果介
伊藤 正実(群馬大学 研究支援人材育成コンソーシアム室長)
- 休憩15分-
15:20~16:50 6. パネル討論「組織管理者の視点から見たURAシステムのマネージメントの現在と未来」
パネリスト: 尾﨑 久記(茨城大学 理事・副学長(学術統括))
       池田 宰(宇都宮大学 理事(研究・産学連携担当)・副学長)
       峯岸 敬(群馬大学 理事(研究担当)・副学長)
       西田 睦(琉球大学 理事・副学長(研究・企画戦略担当))
コメンテーター:久保 浩三(奈良先端科学技術大学院大学 産官学連携推進部門長・教授)
       村瀬 剛太(文部科学省 科学技術・学術政策局 産業連携・地域支援課 大学技術移転推進室長)
モデレーター: 伊藤 正実(群馬大学 研究支援人材育成コンソーシアム室長)
16:50~16:55 7. 閉会挨拶
池田 宰(宇都宮大学 理事・副学長【研究支援人材育成コンソーシアム運営協議会副主査】)
(17:30~18:30) 終了後 情報交換会(場所:JA共済ビル カンファレンスホール、会費制)


【総合司会】宇野 太郎(群馬大学 研究・産学連携推進機構 URA室 リサーチ・アドミニストレーター)

お申込み・お問い合わせ

チラシの2ページ目の申込用紙に必要事項を記入の上、FAXまたはEmailにて2017年11月28日までにお申し込みください。WEBフォームからもお申し込みいただけます。

「多能工型」研究支援人材育成コンソーシアム事務局
FAX:0277-30-1192
E-mail:kenshien[at]ml.gunma-u.ac.jp
※〔at〕を@に置き換えてお送りください。

関連リンク

茨城大学URAオフィス
「多能工型」研究支援人材育成コンソーシアム