茨城大学1dayキャンパス in 守谷「農&食のグローバル化への地域のチャレンジ」(守谷)

 食の市場のグローバル化、AIを活用した効率的な農業への変革は、全国2位の生産高を誇る茨城の農業にも大きなインパクトを与えつつあります。地域の食のインフラを持続していくために私たちはどんなビジョンをもつべきなのでしょう。

 今年9月、守谷市と茨城大学農学部は農業を切り口とした地域づくりのための連携協定を結びました。そこで今回は、「1dayキャンパス」として茨城大学が守谷市にお邪魔し、まさに大学のキャンパスのような雰囲気で、地域の食・農の未来を考える講義やディスカッションを展開します。
 野菜市や中学生・高校生向けのコーナーもご用意していますので、ご家族でもお楽しみいただけます。あなたのご近所の1日だけの大学キャンパスへ、ぜひお越しください!

1daymoriya.jpg

くわしくはこちら(PDF)

茨城大学1dayキャンパス in 守谷
「農&食のグローバル化への地域のチャレンジ」

  • 開催日時: 2017年11月4日(土) 13:30~16:00(13:00開場)
  • 会  場: 守谷市中央公民館(守谷市百合ケ丘2-2540-1)
           http://moriya-kouminkan.jp/chuou
  • 対  象: どなたでも無料でご参加いただけます
  • 主  催: 茨城大学
  • 共  催: 一般社団法人国立大学協会(「国立大学フェスタ2017」)
         ※国立大学協会の共催による「大学改革シンポジウム」として実施します
  • 後  援: 守谷市、茨城県、一般社団法人もりや循環型農食健協議会
  • プログラム:
     【第一部】スペシャル講義
      「世界の食糧事情が変わる!?グローバル食ビジネス最先端」
       講師:清水 洋史 氏(不二製油グループ本社㈱ 代表取締役社長・CEO)
     【第二部】リレーミニ講義
      1限目:宮口 右二 氏(茨城大学農学部教授)
      2限目:横田 修一 氏((有)横田農場 代表取締役・茨城大学卒業生)
     【第三部】パネルディスカッション
      「みんなで語ろう 茨城の農業の未来」
       登壇者:清水 洋史 氏(不二製油グループ本社㈱ 代表取締役社長・CEO)
             伊東 明彦 氏(もりや循環型農食健協議会(もりあぐ) 代表)
             横田 修一 氏((有)横田農場 代表取締役・茨城大学卒業生)
             小松﨑 将一 氏(茨城大学農学部教授)

       モデレーター:宮口 右二(茨城大学農学部教授)
     【同時開催】
      ◆おいしい!守谷の新鮮市
      ◆イバダイ体験コーナー

お問い合わせ

 茨城大学 農学部
  TEL:029-887-1261(代)

関連リンク