「離婚・再婚家族のかたちと子どもの養育支援」シンポジウム(大正大学)

 茨城大学は、10月28日(土)に、「離婚・再婚家族のかたちと子どもの養育支援」をテーマとしたシンポジウムを、大正大学にて開催いたします。
 このシンポジウム(学術研究集会)では、親の離婚や再婚を経験した子どもの養育や支援のあり方ついて、研究者や養育現場の実務家の視点から考えます。参加費は無料ですが、大学等の研究者や専門家、家庭裁判所調査官等の実務家が対象となります。

「離婚・再婚家族のかたちと子どもの養育支援」シンポジウム

日時:2017年10月28日(土) 13:30~17:00(開場: 13:00)
場所:大正大学 5号館5階の551教室(東京都豊島区西巣鴨3-20-1)
テーマ:「離婚・再婚家族のかたちと子どもの養育支援」
主催者:野口康彦(茨城大学人文社会科学部教授)、小田切紀子(東京国際大学人間社会学部教授)、青木聡(大正大学心理社会学部教授) ※科学研究費の研究成果に基づくシンポジウムです。
参加費:無料(事前のお申し込みが必要です。)

「離婚後の子どもの養育支援」シンポジウムチラシ画像
詳しくはチラシ(PDF)をご覧ください。

プログラム

13:30~13:40 「シンポジウムの開催にあたって」
 野口康彦(茨城大学・臨床心理学)
13:40~15:00 基調講演「離婚・再婚後の家族のかたちと子どもの育ち」
 野沢慎司(明治学院大学・家族社会学)
15:00~15:15 休憩
15:15~16:30  1)小田切紀子(東京国際大学・臨床心理学)
 2)町田隆司(横浜家庭裁判所・家庭裁判所調査官)
 3)青木聡(大正大学・臨床心理学)
 4)野沢慎司(明治学院大学・家族社会学)
16:30~17:00 参加者との質疑応答

※話題提供の内容やお時間につきましては、若干変更のある場合がございます。終了後には、アンケートへのご協力をお願いいたします。

会場・アクセス

〒170-8470東京都豊島区西巣鴨3-20-1 大正大学 5号館5階の551教室

【電車をご利用の場合】
 都営地下鉄三田線「西巣鴨駅」下車徒歩2分
 JR埼京線「板橋駅」東口下車徒歩10分
 都電荒川線「新庚申塚駅」または「庚申塚駅」下車徒歩7分
【バスをご利用の場合】
 池袋駅東口から都バス「掘割バス停」下車徒歩2分

お申し込み先・お問い合わせ先

ご出席の場合は、下記窓口まで、E-mailまたはFAXにてご一報ください。

茨城大学人文社会科学部 野口康彦研究室
TEL&FAX029-228-8109
E-mailyasuhiko.noguchi.8215【at】vc.ibaraki.ac.jp
※【at】を@に置き換えてお送りください。