第10回記念「茨城大学 学生サステナ・フォーラム」(水戸)

 「茨城大学 学生サステナ・フォーラム」を、2017年3月14日(火)茨城大学水戸キャンパス 理学部 K棟1階 インタビュースタジオ他にて開催します。入場無料、参加申し込み不要です。
 茨城大学地球変動適応科学研究機関・ICASでは、地球温暖化や災害による種々の問題への適応策を研究するとともに、学術分野を超えたサステイナビリティ学の教育活動を行っています。本フォーラムは、それらのプログラムに参加した学生たちが成果を発表する場として毎年実施しているものです。
 今回の第10回記念フォーラムでは、「お産」というという、私たちの「命」とサステイナブルな循環について見つめなおす現場で活躍する助産師の秋山 智代氏を講師として招き、「命の授業-お産の現場を見つめて」と題した特別講演も行われます。本学の学生が行っている気候変動、持続可能な農法、コミュニティ形成など様々な分野の研究・活動を一堂に会して発表しあう「学生ポスターセッション&意見交換会」とあわせてぜひご参加下さい。


詳しくはチラシ(PDF)をご覧ください。

第10回記念茨城大学学生サステナ・フォーラム(水戸)

【日時】 2017年3月14日(火) 13:00~17:00 (12:30開場)
【会場】 茨城大学水戸キャンパス 理学部 K棟1階 インタビュースタジオ、アクティブラーニング・スペース
    (茨城県水戸市文京2-1-1)
【参加対象者】 企業・自治体、サステイナビリティに関心のある地域の方々、高校生、教職員、学生
【参加費】 無料(事前申し込み不要)
共催 : 茨城大学地球変動適応科学研究機関(ICAS)、茨城大学社会連携センター・、茨城大学全学教育機構、地域知求人ネットワーク
後援 : NPO環~WA

プログラム

13:00~14:30

開会あいさつ 太田 寛行(茨城大学副学長)

特別講演「命の授業-お産の現場を見つめて」
  講師 秋山 智代(助産師)
  コメンテーター 平澤 文子(地域知求人ネットワーク/NPO環~WA)
  司会 伊藤 哲司(茨城大学ICAS機関長)

14:30~16:40

学生ポスターセッション&意見交換会

16:40~16:50

表彰式

14:30~15:10

閉会あいさつ 伊藤 哲司(茨城大学ICAS機関長)

会場・アクセス

〒310-8512茨城県水戸市文京2-1-1 茨城大学水戸キャンパス 理学部

JR水戸駅 (北口) バスターミナル7番乗り場から茨城交通バス「茨大行 (栄町経由) 」に乗車、「茨大前」で下車。

※時間帯によっては、「茨大正門前」 (最寄り) で下車することができます (バス乗車時間は約25分)。詳しくは下記「茨城大学専用のバス案内ページ」をご覧下さい。

お問い合わせ先

茨城大学地球変動適応科学研究機関(ICAS)事務局
TEL : 029-228-8787
e-mail : icas〔at〕ml.ibaraki.ac.jp
※〔at〕を@に置き換えてお送りください。