茨城大学KAKEHASHIプロジェクト2016報告会(水戸)

 茨城大学では、外務省の対日理解促進交流プログラム「KAKEHASHI プロジェクト」で訪米した学生たちによる報告会を、2017年1月25日(水)、水戸キャンパス理学部K棟インタビュースタジオにて開催します。入場無料、予約不要です。
 「KAKEHASHI プロジェクト」は、日本の若者を海外に派遣し、現地の人たちとの議論や交流を通して日本のイメージ向上や外交のベースをつくることを目的とした外務省のプログラムで、昨年、茨城大学からは23人の学生が米国・コロラド州デンバーを訪れ、交流事業などに参加しました。今回開催する「茨城大学KAKEHASHIプロジェクト2016報告会」は、その学生たちが現地での貴重な経験を報告するとともに、国際的な課題となっている難民問題について、外部講師も招いて議論を行うものです。
 皆様のご来場をお待ちしています。


詳しくはチラシ(PDF)をご覧ください。

茨城大学KAKEHASHIプロジェクト2016報告会(水戸)

【日時】2017年1月25日(水)13:30~15:30(13:00 受付開始)
【場所】茨城大学水戸キャンパス 理学部 K棟インタビュースタジオ(茨城県水戸市文京2-1-1)
【入場】無料・事前申し込み不要(どなたでもご参加いただけます)
    ※茨城大学の教職員・学生のほか、他大学の教職員・学生の方、一般の方もご参加いただけます。

プログラム

13:30 開会の挨拶
13:35~14:20 第1部 事例報告
「2016 IU KAKEHASHIプロジェクト報告」
アメリカ・デンバーにおける日本文化紹介活動について報告

(2016茨城大学KAKEHASHIプロジェクト参加者)
14:20~14:30 休憩
14:30~15:20 第2部 ワークショップ
「難民問題を考える」
15:20~15:30 講評 講師 武田直樹先生(筑波学院大学)

アクセス

〒310-8512茨城県水戸市文京2-1-1 茨城大学水戸キャンパス 理学部 K棟インタビュースタジオ

JR水戸駅 (北口) バスターミナル7番乗り場から茨城交通バス「茨大行 (栄町経由) 」に乗車、「茨大前」で下車。

※時間帯によっては、「茨大正門前」 (最寄り) で下車することができます (バス乗車時間は約25分)。詳しくは下記「茨城大学専用のバス案内ページ」をご覧下さい。

お問い合わせ

茨城大学国際戦略室(カケハシ・プロジェクト担当)
E-Mail : oisi-uni〔at〕ml.ibaraki.ac.jp
※[at]を@に置き換えてお送りください。

関連リンク

茨城大学カケハシ・プロジェクト公式フェイスブック