島剛(教育学部教授)彫刻展「Inward Outward 地中内視/向き合う視線」(笠間)

 茨城大学教育学部教授・彫刻家の島 剛 氏の彫刻展「Inward Outward 地中内視/向き合う視線」が、2016年12月17日(土)~2017年3月5日(日)、笠間市の常陸国出雲大社境内にあるギャラリー桜林において開催されます。入場無料。

 島氏は近年、ガラスを主な素材とした作品を多く発表しています。大地の蠢(うごめ)きを伝えるような独特の形や質感をもった作品は、対峙する私たちに、地球や自然への畏怖、あるいはその中で生きる自己へと意識を向かわせます。今回の彫刻展は、近作を中心とした島氏の作品がつくる世界観を、貴重な空間の中で味わうことができるものです。
 皆様のご来場をお待ちしております。

島剛彫刻展の画像
詳しくはチラシ(PDF)をご覧ください。

島剛彫刻展「Inward Outward 地中内視/向き合う視線」

期間 : 2016年12月17日(土)~2017年3月5日(日)
時間10:00~16:30
料金入場無料
休館日
毎週水曜日、年末年始(2016年12月28日(水)~2017年1月6日(金))
会場ギャラリー桜林
〒309-1634 茨城県笠間市福原2081番 常陸国出雲大社境内 桜林館1F
TEL/FAX : 0296-71-6700
TEL : 0296-74-3000(社務所)

【関連企画】
オープニングレセプション 
2016年12月17日(土)14:00~16:00 会場にて

後援 : 一般社団法人笠間観光協会

会場・アクセス

ギャラリー桜林
〒309-1634 茨城県笠間市福原2081番 常陸国出雲大社境内 桜林館1F
TEL/FAX : 0296-71-6700
TEL : 0296-74-3000(社務所)

・JRご利用の場合
 JR水戸線「福原駅」で下車徒歩7分。
 
・お車ご利用の場合
 北関東自動車道 「笠間西IC」から約1km。