茨城大学図書館2015年度後学期企画展「東日本大震災と文化遺産―学生と市民が守ったふるさとの記憶―」

  茨城大学図書館では、東日本大震災の地震や津波で損傷を受けるなどし、学生や市民らのボランティアが救出、修復を施した文化遺産を公開する企画展「東日本大震災と文化遺産―学生と市民が守ったふるさとの記憶―」を、水戸キャンパスの図書館1階展示室にて11月14日(土)から12月6日(日)まで開催します。
  茨城大学人文学部の教員や学生らの呼びかけで発足した「茨城史料ネット」は、他の史料保護団体の専門家やボランティアとも協力し、茨城県内や東北地方の各地の一般家庭などで、史料の調査・救出を行ってきました。ひたちなか市内で発見された「伊達政宗起請文」など一部の史料は既に公開されましたが、多くの文化財は、学生や市民のボランティアが4年以上の歳月をかけて整理や修復の作業を行ってきました。今回の企画展は、修復を終えたそれらの文化財20件を初めて一挙に公開するものです。

6.JPG
両頭愛染明王像(鹿嶋市龍蔵院蔵)

会  期 : 2015年11月14日(土)~12月6日(日) 平日10時~16時、土日11時~16時
会  場 : 茨城大学図書館1階展示室 (茨城県水戸市文京2-1-1)
入場料 : 無料

※関連企画もございます。詳しくはチラシ(PDF)をご覧ください。
311heritage.jpg

アクセス

〒310-8512茨城県水戸市文京2-1-1   茨城大学水戸キャンパス 図書館

JR水戸駅 (北口) バスターミナル7番乗り場から茨城交通バス「茨大行 (栄町経由) 」に乗車、「茨大前」で下車。

※時間帯によっては、「茨大正門前」 (最寄り) で下車することができます (バス乗車時間は約25分)。詳しくは下記「茨城大学専用のバス案内ページ」をご覧下さい。

お問い合わせ

茨城大学図書館利用支援係
TEL 029-228-8076
Mail ser-lib01[at]ml.ibaraki.ac.jp