大学院農学研究科

gsa_01.jpg

地域及びグローバル社会の多様な課題に対峙し、農学全般についての高い見識と専門性及び多面的視野をもって、地域社会の活性化や人類の持続的発展に貢献できる実践力を有する高度専門農学系人材を育成する教育を推進します。

専攻構成

[農学専攻]

アジア展開農学コース(英語開講)/実践農食科学コース/応用植物科学コース/地域共生コース

各コースの紹介

アジア展開農学コース(英語開講)

アジア展開農学コースでは、生物生産の高度化やHACCPなど食品の安全に関わる知識と技術を学び、グローバル、特にアジアの農業生産力の向上と安定的な食料供給に貢献できる高度専門職業人を育成します。

実践農食科学コース

実践農食科学コースでは、分子レベルから個体にいたるまでの生命現象の本質を学び、生物固有の能力を生かしたモノ作りや健康で豊かな人間生活を創造する食料・食品開発を担う高度専門職業人を育成します。

応用植物科学コース

応用植物科学コースでは、植物生産に係る技術や防疫、品種開発、利用などについて専門的に学び、先端的震業技術の開発等により21世紀の持続可能社会の発展を担う高度専門職業人を育成します。

地域共生コース

 環境保全や社会基盤整備、社会構造などの知識や分析手法を専門的に学び、地域や国際社会と連携して環境と調和した21世紀の持続可能社会形成に寄与する高度専門職業人を育成します。

再構築を実行中です...