工学部

前のページに戻る

持続可能な社会に貢献する 高度科学技術者の育成

インターネット、携帯通信システム、高速輸送、快適な生活空間など、今日の豊かな社会は、科学技術の発展によってもたらされています。当然、科学技術の発展と私たちの生活との橋渡しをする人材が多くの分野で求められています。茨城大学工学部は、世界的視野で未来に向かってはばたく科学技術を創造する拠点として絶えず前進しながら、人と自然環境に調和した高度科学技術を実践する人材を育成しています。

学科構成

[機械工学科]

[生体分子機能工学科]

応用機能化学コース/生命電子情報コース

[マテリアル工学科]

[電気電子工学科]

電気システムコース/電子システムコース

[メディア通信工学科]

[情報工学科]

[都市システム工学科]

[知能システム工学科 A(昼間)コース]

[知能システム工学科 B(夜間主)コース]

各学科の紹介

機械工学科

人と環境にやさしい機械をつくる、次代のエンジニアを養成

機械工学科では、持続可能な循環型社会を見据えた「ものづくり」を担うことができる人材の育成を目的として、先端的・総合的視点から社会に貢献できるエンジニアの養成を目指した教育を行っています。1年次で十分な基礎学力を修得した後、2年次・3年次ではより高度な専門科目を学びながら、演習形式の授業で応用力を身に付け、さらに実験・実習を通して工学者に不可欠な物理的感覚を身に付けます。4年次では、少人数に分かれてコミュニケーションやプレゼンテーション能力を磨くとともに、最先端の研究に1年間じっくり取り組みます。

取得可能な資格

  • 技術士補
  • 高等学校教諭一種免許状(工業)
  • 自動車整備士
  • ボイラー技士

生体分子機能工学科

人類に役立つ新しい機能物質を生み出す

生体分子機能工学科では、生命の持つ複雑な機能を分子レベルで解き明かし、さまざまな産業分野に応用することのできる研究者・技術者の育成を目指しています。1・2年次では、化学、物理学、生物学などの基礎教育を行います。3年次からは、応用機能化学コースと生命電子情報コースに分かれて、より専門的な知識・技術を修得できるカリキュラムで教育を行います。本学科では、生体分子の多彩な機能を学び、工学に応用していこうとする意欲のある学生を求めます。

取得可能な資格

  • 高等学校教諭一種免許状(工業)
  • 甲種危険物取扱者
  • 技術士補

マテリアル工学科

工業材料を基礎から学び、未来を支える材料技術者を育成

マテリアル工学は我が国の科学技術戦略の4本柱であるバイオ、情報通信、ナノテク・材料、環境を支える基盤分野として、従来の材料工学を発展させた新しい学問分野です。マテリアル工学科はものつくりの原点である材料工学をベースに、ナノを始点とするハイテク分野、コンピュータを駆使する情報応用技術、環境の解析評価・保護改善まで取り扱う学科です。将来、自動車、電子・情報、環境・エネルギー及び高齢化・福祉産業を支える「ものづくり」の専門家及びリーダーとなる人材の育成を目指します。

取得可能な資格

  • 高等学校教諭一種免許状(工業)
  • 技術士補

電気電子工学科

電子や電磁波を社会で活用する技術を修得

電気電子工学は、目に見えない電子や電磁波を上手にコントロールし高度にそれを活用することなどを含む幅広い学問分野です。本学科では、高校大学間の接続教育と演習を多く取り入れたカリキュラムにより、スムーズに専門科目教育へと誘導します。3年次からは、電気システムコースと電子システムコースに分かれて専門的な内容を少人数で集中的・効率的に学修することで、深い専門知識を身に付けることができます。4年次には1教員当たり約4名の学生を配属し卒業研究指導を行うなど少人数教育に力を入れています。

取得可能な資格

  • 高等学校教諭一種免許状(工業)
  • 電気主任技術者
  • 電気通信主任技術者
  • 技術士補

メディア通信工学科

新時代の情報通信技術を総合的に教育研究する

今日、携帯電話やパソコンを用いて、会話、電子メール、画像、動画など、さまざまなマルチメディア情報を手軽にやり取りできるようになりました。これは、通信技術(情報の伝達)とコンピュータ技術(情報の処理や蓄積)の融合により実現されたものです。また、今後さらに低コストで高品質な通信を実現するためには、新たな通信技術の研究開発が必要です。メディア通信工学科は、このような情報通信技術を研究開発できる技術者を養成する学科です。

取得可能な資格

  • 高等学校教諭一種免許状(工業)
  • 電気通信主任技術者
  • 技術士補

情報工学科

情報社会をバージョンアップしよう!

現代社会はコンピュータとインターネットを抜きにしてはもはや考えられません。流通・金融・製造など、社会のさまざまな分野で必要不可欠なものになっています。これが情報社会と呼ばれる所以です。本学科では、この情報社会を更に革新する、つまりバージョンアップしていくための教育と研究を行っています。情報工学科の学生はこうした社会で活躍し貢献できることを目標として、幅広い分野の勉強と研究を行います。講義・演習・実験・卒業研究では、学問的基礎を中心に据え、さまざまな知識を修得し、進化し続ける情報工学の最先端を切り開くための考え方を身に付けます。情報工学科を志望する人には、物事を論理的に思考し表現できる資質が期待されます。

取得可能な資格

  • 高等学校教諭一種免許状(工業)
  • 技術士補

都市システム工学科

都市の「安全・環境・快適」を創造するエンジニアへ

未来の都市環境に求められるもの、それは「安全・環境・快適」の3つの創造です。都市システム工学科では、「安全の創造」に向けて、地震に対する防災や地盤を含めた強くてしなやかな構造物の建設・維持・管理技術を学びます。また、「環境の創造」では、地球温暖化や水質・土壌汚染などの現象に対する対応策や自然と共生する方法の修得。「快適の創造」に向けては、美しい空間を演出する景観デザインや都市計画の理論と実践について学びます。さらに3つの創造のシステム化もできる、次世代の街づくり技術者を育成しています。

取得可能な資格

  • 技術士補
  • 測量士補
  • 高等学校教諭一種免許状(工業)
  • 建築士(1級・2級)
  • 木造建築士
  • 水道技術管理者
  • 土木施工管理技士
  • 建設機械施工技士
  • コンクリート技士・主任技士
  • コンクリート診断士

知能システム工学科 Aコース

コンピュータとメカ技術の融合分野を担う先端技術者を目指す

私たちの身の回りのほとんどの製品は、コンピュータとメカ技術の高度な融合の上に成り立っています。本学科は、この融合分野を支えるメカトロニクス、設計と製造、コンピュータ、ヒューマンインターフェイス技術に関する十分な知識と能力を身に付け、我々を取り巻く多様な問題の解決に前向きに取り組める意欲的な技術者の育成を目指しています。なお、知能システム工学科には、昼間に学ぶAコースの他に、勤労学生や社会人などに高度な学習の機会を提供する場として、Bコース(夜間主コース)が設けられています。

取得可能な資格

  • 高等学校教諭一種免許状(工業)
  • 技術士補

知能システム工学科 Bコース

コンピュータとメカ技術の融合分野を担う先端技術者を目指す

本学科は、勤労学生や社会人などさまざまな社会的背景を持つ学生に向けて、高度な学習の機会を提供するため、主に夜間に学ぶBコースを設けています。Bコースの学生は入学金と授業料は、Aコースの半額となっています。カリキュラムは、基本的にAコースと同じで、4年間で卒業可能な単位が修得でき、一部を除きほとんどの講義は夜間に行われます。また、本学科Aコースや他学科の専門科目を履修することも可能です。なお、3年次に進学する段階で、希望する学生はコースを変更する転コース試験を受けることができます。

取得可能な資格

  • 高等学校教諭一種免許状(工業)
  • 技術士補

進路状況

進学公務員民間企業その他
48.8% 5.9% 38.8% 6.5%


このページの先頭へ

日立キャンパス 水戸キャンパス 阿見キャンパス

水戸キャンパス
〒310-8512
茨城県水戸市文京2-1-1
029-228-8111(代)
029-228-8600(8:30~17:15)
  • 人文学部
  • 教育学部
  • 理学部
日立キャンパス
〒316-8511
茨城県日立市中成沢町4-12-1
0294-38-5004(代)
  • 工学部
阿見キャンパス
〒300-0393
茨城県稲敷郡阿見町中央3-21-1
029-887-1261(代)
  • 農学部