工学部

世界の、日本の、そして地域の未来を担う、高度技術者・研究者を育てるために

工学部(イメージ)

工学部は、平成30年度から5つの学科に改組し、工学のほぼ全分野をカバーして、社会のニーズに対応できる工学系人材を育成します。先端研究機関やグローバル企業が多い地域性を活かし、これらの機関や企業と連携して、先進的な教育・研究に取り組んでいるのが大きな特徴です。工学部では半数以上の卒業生が大学院に進学し、多くの修了生が大企業・有名企業に就職しています。

平成29年度以前入学者の課程・コースについてはこちら

茨城大学工学部 受験生応援サイト

学科構成

[機械システム工学科]
[機械システム工学科(フレックスコース)]
[電気電子システム工学科]
[物質科学工学科]
[情報工学科]
[都市システム工学科]

各学科の紹介

機械システム工学科、機械システム工学科(フレックスコース)

機械と情報技術が融合した、人と環境にやさしい機械システム分野を担う先端技術者を養成します

現代社会では、身のまわりにある数多くの製品がメカ(機械)とコンピュータ(知能)との高度融合システムとして実現されています。このような社会のもとで、機械システム分野はあらゆる産業を支える基盤技術となっています。本学科では人と環境にやさしい次世代の機械システムの開発を担い、最先端で活躍できる技術者を養成します。
フレックスコース(夜間主)は、入学金や授業料の面で優遇を受けつつ、高度な専門知識を学ぶことができます。

取得可能な資格

  • 高等学校教諭一種免許状(工業)
  • 技術士
  • 安全管理者
  • ボイラー技士
  • 自動車整備士

電気電子システム工学科

IoT(モノのインターネット)で先端産業と社会の基盤を支える技術者を養成します

現代社会は、家電製品から電力プラントまでの全ての機器がネットワークで繋がるIoT社会となっています。本学科では、電気エネルギー、電気・電子機器、通信等に関する技術を学び、さらにハードウェアとソフトウェアの技術を組み合わせて扱う能力を身に付けて、先端産業と社会の基盤を支える技術者を養成します。

取得可能な資格

  • 高等学校教諭一種免許状(工業)
  • 技術士
  • 電気主任技術者(第一種~第三種)
  • 電気通信主任技術者
  • 安全管理者
  • ボイラー技士

物質科学工学科

環境・資源・エネルギー問題の解決に向けた、次世代の「材料・化学・生命」融合分野の開拓を担う技術者・研究者を養成します

本学科では、金属、有機・無機物質、生体物質など、多岐にわたる物質の構造と機能の原子・分子レベルでの理解による新しい物質や材料の創成を目的としています。狭い専門分野枠にとらわれない多様性に富んだカリキュラムにより、斬新な視点と柔軟な思考をもった技術者・研究者を養成します。

取得可能な資格

  • 高等学校教諭一種免許状(工業)
  • 技術士
  • 安全管理者
  • ボイラー技士
  • 危険物取扱者(甲種)
  • 毒物劇物取扱責任者

情報工学科

未来社会を創造するソフトウェア技術をもち、情報インフラやシステムを構築・運用できる情報専門技術者を養成します

本学科では、最新の国際的標準カリキュラムCS2013に準拠し、JABEE認定CS(コンピュータ科学)プログラムに対応した教育カリキュラムにより、アプリケーション技術、インフラ技術、ソフトウェア工学、プロジェクトマネジメント手法、経営情報戦略、データ解析技術などを身に付け、AI・IoT・ビッグデータ・情報セキュリティなどの先端ITに取り組める情報専門技術者を養成します。

取得可能な資格

  • 高等学校教諭一種免許状(工業)
  • 技術士
  • 安全管理者
  • ボイラー技士

都市システム工学科

災害に強く安全な都市、環境にやさしく快適なまち、これらの創造を担う高度な土木・建築融合技術者を養成します

全国でも珍しい土木・建築融合教育を実践し、未来の都市環境に求められる「安全・環境・快適」の3つの創造に向け、「社会基盤デザインプログラム」と「建築デザインプログラム」の学生がそれぞれの専門性を高めながら共に学び、新たな時代を切り拓く土木・建築の融合人材を養成します。

取得可能な資格

  • 高等学校教諭一種免許状(工業)
  • 技術士
  • 安全管理者
  • ボイラー技士
  • 測量士
  • 水道技術管理者
  • 土木施工管理技士(1級)
  • 建設機械施工技士(1級)
  • コンクリート技士・主任技士
  • 建築士(1級・2級)
  • 木造建築士
  • 建築施工管理技士
  • 造園施工管理技士

再構築を実行中です...