農学部

前のページに戻る

将来の食料・生命・環境問題を トータルライフサイエンスで臨む

いまや農学は、他の学問分野と連携し、人類の生命や地球環境に関わるトータル・ライフサイエンスともいうべき総合的な研究分野となっています。農学部では、ロ−カルな農業、環境、社会問題からグロ−バルな食料、資源、環境、社会問題まで、さらには先端的な食品、情報、生命科学の分野まで広く視野に入れた教育の実現と、農学の新たな可能性を拓く挑戦者となる人材の養成を目指しています。

学科構成

[生物生産科学科]

植物生産科学/動物科学/総合農学

[資源生物科学科]

資源生物科学

[地域環境科学科]

地域環境工学/環境食料政策学/地域環境保全学

各学科の紹介

生物生産科学科

世界人口が増加する中、食料不足や地球的規模での環境破壊を克服していくためには、環境保全に配慮しながら農産物の生産システムをさらに改善し、効率的で持続可能なものとする必要があります。そのため、生物生産科学科では、作物(食用作物、園芸作物、飼料作物)や動物(家畜などの産業動物)を、高品質で安全な生産物として持続的に生産するために必要な知識、技術、問題意識を学び、これを発展させる人材の育成を目指しています。2年生になると植物と動物を学ぶカリキュラムに分かれます。

取得可能な資格

  • 高等学校教諭一種免許状(理科・農業)
  • 大型特殊自動車免許

資源生物科学科

資源生物科学科では、バイオテクノロジーや分子生物学などの先端的な生命科学、貴重な生物資源を育む地球環境の修復・保全に係わる環境科学、酵素学や食品成分に関わる食品科学に関する専門知識と実験技術とともに社会人として必要な高い教養と主体的に考える力を身に付け、21世紀の重大課題である食料問題、資源・エネルギー問題及び環境問題を解決できる能力と豊かな想像力を持った人材の育成を目指しています。

取得可能な資格

  • 食品衛生管理者
  • 食品衛生監視員
  • 高等学校教諭一種免許状(理科・農業)
  • 大型特殊自動車免許

地域環境科学科

地域環境科学科では、環境に配慮した持続可能な地域の在り方に関する基礎的・応用的な教育・研究を行っています。特に農業・農村地域を対象に食料生産基盤と生活環境の保全・再生、持続型社会の創造を目指して活躍する人材の育成を目的としています。この学科では、工学系と社会科学・情報系のカリキュラムに分かれて学修しますが、両カリキュラムとも共通基礎科目として、微積分学、線形代数学、統計学入門を学びます。

取得可能な資格

  • 測量士補
  • 高等学校教諭一種免許状(理科・農業)
  • 大型特殊自動車免許
  • 造園施工管理技術検定試験受験資格
  • 管工事施工管理技術検定試験受験資格
  • 土木施工管理技術検定試験受験資格

進路状況

進学公務員民間企業その他
22.0% 9.5% 55.1% 13.4%


このページの先頭へ

日立キャンパス 水戸キャンパス 阿見キャンパス

水戸キャンパス
〒310-8512
茨城県水戸市文京2-1-1
029-228-8111(代)
029-228-8600(8:30~17:15)
  • 人文学部
  • 教育学部
  • 理学部
日立キャンパス
〒316-8511
茨城県日立市中成沢町4-12-1
0294-38-5004(代)
  • 工学部
阿見キャンパス
〒300-0393
茨城県稲敷郡阿見町中央3-21-1
029-887-1261(代)
  • 農学部