農学部

地域から世界の「食と農」に貢献する生産・研究開発・流通のプロを育てます

現在、日本を含め世界で安心・安全な食の実現、持続可能な農業を担う人材が求められています。豊かな農業は、地域の活性化にも大切です。
 茨城大学農学部は、自然科学や社会科学を通して、生産・研究開発・流通それぞれの知識や技術を学び、国内はもとより国際的に活躍できる「食と農」のプロフェッショナルを育成していきます。

ディプロマ・ポリシー

 茨城大学農学部では、グローバル社会における農業・食料問題を理解して、国際的な視点から食料・食品の高度化、農業を核とした新産業の創出に主体的かつ意欲的に取り組み、地域の農業と地域コミュニティの活性化を支える実務型農学系人材に育成します。
 したがって、農学部において入学者に求める能力・資質は以下のとおりです。

  1. (知識・技能)農学部における専門分野での学修に必要な基礎学力
  2. (知的関心)農学及びその周辺分野のみならず、社会の課題全般に対する幅広い知的関心
  3. (思考力・判断力・表現力)これまでの学習と生活において、農業、環境、食料の課題について他者と共に課題解決を目指した経験があり、そのための基礎的な思考力・判断力・表現力を有していること、あるいはそれらを身に付ける意欲を有していること。
  4. (主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度)これまでの学習と生活において、農業体験やボランティア活動などに参加し、世代や国籍を超えた多様な人々と協働して主体的に活動した経験があること、あるいはそのような活動をする意欲を有していること。

学科構成

[食生命科学科]

国際食産業科学コース/バイオサイエンスコース

[地域総合農学科]

農業科学コース/地域共生コース

各学科の紹介

食生命科学科

食生命科学科では、生命科学や食品の加工、流通、安全性に関する知識や技能を修得し、食料・食品分野で国際的に活躍できる人材の育成を目指しています。

取得可能な資格

  • 高等学校教諭一種免許状(理科、農業)
  • 食品衛生管理者
  • 食品衛生監視員
  • HACCP管理者

地域総合農学科

農業科学コース

農業科学コースでは、農作物の栽培や品種改良、病気や害虫の防除に関する知識や技能を主に修得し、農産物の国際競争力の強化や高品質・高付加価値生産などに対応した、新しい時代の農業技術の発展に貢献する人材の育成を目指しています。

地域共生コース

地域共生コースでは、美しい農村の景観をまもり、地域・農産物のブランド力を高め、災害に強い地域をデザインする技術や政策に関する知識・技能を修得し、豊かな地域の未来を創造できる人材の育成を目指しています。

取得可能な資格

  • 高等学校教諭一種免許状(理科、農業)
  • 測量士補(地域共生コース)

進路状況

進学公務員民間企業その他
30.0%9.5%55.1%13.4%