国際交流活動支援事業

国際交流推進事業

外国人留学生への学費援助が行われています。社会連携事業会の支援により毎年10名程度の奨学生に奨学金が支給されます。

留学生支援団体及び地域住民との交流会等

留学生のための「そば打ち大会」「茶道体験」「パン作り体験」、茨城大学中日会による「餃子パーティー」、留学生の日本語学習の成果を発表する「公開発表会」などを実施しています。これらの交流を通して、留学生は日本文化に触れると同時に、地域の方々と楽しいひとときを過ごし貴重な体験をしています。

協定締結校との連携事業等

茨城大学は多くの海外の大学と協定を結び、教職員、研究者及び学生の交流や、教育と研究に関する情報交換、シンポジウムの相互参加などの活動を行っています。

例えば、韓国の忠北大学校との夏季短期学生交流事業では、毎年、相互に学生及び教職員が相手校を訪れ、相互交流を深めています。忠北大学校からの訪日学生はホームステイ先で日本の生活を体験したり、県内外の史跡見学や日本事情の講義を受けたりします。また、事務職員の相互研修も行われています。

協定校一覧

再構築を実行中です...