Home Journal

はばたく茨大生2018 春の報告会―地域や海外で活躍する学生の活動を一挙紹介(パート3)

レポート

 茨大生が地域や海外での取り組みを発信する展示&発表イベント「はばたく茨大生 春の報告会」が開催されている。期間中の水曜日には各プロジェクトの学生が直接ポスターの内容を紹介するコアタイムも設けられており、自由に交流できる。
 茨城大学コミットメントのページでは、展示されたポスターを公開中。5月16日から始まった「パート3:世界を見わたす・ともに答えを導く」では、茨大の多様な海外研修等のプログラムに参加した学生たちが発表。留学や国際交流に興味のある学生は要チェック!(パート1パート2

  

【協定校交換留学】
茨城大学では、世界の21の国・地域の62大学・機関と協定を結び、学術交流や学生の交流を行っている。今回は中国、アメリカ、韓国の協定校を訪れた学生たちが発表している。 habataku4-1.JPGのサムネイル画像 habataku4-2.JPGのサムネイル画像 habataku4-3.JPGのサムネイル画像

【AIMSプログラム】
マレーシア、インドネシア、タイ、フィリピン、ブルネイ、日本の国際共同教育プログラム。茨城大学では農学部・理学部の学生や大学院生が、連携大学で半年近くにわたって学んでいるほか、アジア各国の学生が茨城大学で学ぶ期間もあり、相互に交流している。

habataku4-4.JPGのサムネイル画像 habataku4-5.JPGのサムネイル画像

  

【短期研修】
海外の大学や語学学校で語学学習などを目的に行う短期的な研修や、企業の海外支社や公共機関での国際インターンシップ活動をご紹介!

habataku4-6.JPGのサムネイル画像 habataku4-7.JPGのサムネイル画像 habataku4-8.JPGのサムネイル画像 habataku4-9.JPGのサムネイル画像 habataku4-10.JPGのサムネイル画像 habataku4-16.JPGのサムネイル画像 habataku4-17.JPGのサムネイル画像

  

【チューター制度】
海外から茨城大学にやってきて学んでいる留学生は、約300人。その留学生の学修や生活の支援をするのがチューター制度だ。日本人学生たちが日々活躍している。 habataku4-11.JPGのサムネイル画像

  

【各種説明・紹介】
茨城大学グローバル教育センターの活動や協定校、短期プログラムの一覧など、茨大の国際教育の充実した制度がこちら。 habataku4-12.JPGのサムネイル画像 habataku4-13.JPGのサムネイル画像 habataku4-14.JPGのサムネイル画像

  

【日本語研修コース発表】
茨大で日本語研修コースを受講している交換留学生が、自国の協定校を紹介している。 habataku4-15.JPGのサムネイル画像

  

【各種案内】
その他、海外留学などに役立つ情報も展示している。

  

【イベント情報】
はばたく茨大生2018 春の報告会
日時:2018年4月18日(水)~5月30日(水) 平日8:30~21:45、土・日11:00~19:00  ※祝日休館
会場:茨城大学水戸キャンパス図書館本館1階ラーニングコモンズ(茨城県水戸市文京2-1-1)
入場料:無料・申込不要
詳しくはイベント情報ページ