Home Journal

はばたく茨大生2018 春の報告会―地域や海外で活躍する学生の活動を一挙紹介(パート2)

レポート

 茨大生が地域や海外での取り組みを発信し、交流しあう展示&発表イベント「はばたく茨大生 春の報告会」を、4月から5月にわたり4期間に分けて実施している。期間中の水曜日には各プロジェクトの学生が登場するので直接説明を聞くことができる。
 茨城大学コミットメントのページでは、展示されたポスターをご覧いただいています。今回は5月9日から始まった「パート2:社会人として生きる」の発表ポスターをご紹介!インターンシップ活動などが報告されています。(パート1はこちら

  

1.教育インターンシップ報告①
ibdaikh20180509_035.JPG
教育実習とは別に、学校現場で行う短期的なインターンシップ活動。教育学部の石川穂波さんは、2つの高校で計7日間の活動をした。授業の補助等を行い、教員の仕事に触れた。

  

2.教育インターンシップ報告②
ibdaikh20180509_037.JPG
教育学部の加藤氣吹さんは、小学校、高等学校、特別支援学校で計8日間の活動を行った。朝の会から放課後の部活動まで、子どもたちや教員と充実した時間を過ごした。

  

3.教育インターシップ報告③
ibdaikh20180509_062.JPG
教育学部で養護教諭を目指している小野梓さんは、小学校と高等学校で養護実習をしただけでなく、高校の保健科の実習も体験。教育実習ではできない体験に触れた。

  

4.ひまわり塾での学習支援ボランティア
ibdaikh20180509_054.JPG
石岡市社会福祉協議会が行っている無料の学習塾「ひまわり塾」で、ボランティア講師として子どもたちに勉強を教えてきた。地元に貢献できて充実した時間を過ごせた。

  

5.中学校部活動支援ボランティア
ibdaikh20180509_058.JPG
中学校バレーボール部でのボランティア活動を2年間行った。教員や部活動、教えることに関してさまざまなことを考えさせられた。

  

6.まなびの輪
ibdaikh20180509_051.JPG
外国人が多く暮らしている大洗町で、日本語教室や小学校での個別授業、交流イベントなどの活動を展開している。

  

7.岡倉天心・五浦発信プロジェクト
ibdaikh20180509_029.JPG
岡倉点心の思想や北茨城市五浦地域の魅力を、ワークショップやイベントなどの形で、学生をはじめ多くの人に向けて発信している。

  

8.大洗応援隊!
ibdaikh20180509_019.JPG
東日本大震災をきっかけに結成された大洗応援隊!では、現在、地域の交流・憩いの場、情報提供の場である「ほげほげカフェ」を、町内の商店街の一角で運営している。

  

9.かすみがうら市子ども未来フェス
ibdaikh20180509_059.JPG
かすみがうら市で行われる「かすみがうら市子ども未来フェス」をサポートし、地域と大学の連携による活性化を図っている。

  

10.君とチャレンジ
ibdaikh20180509_046.JPG
障害のある人たちの社会参加を支援する活動をしている。これまで、千波湖周辺で開催されている「みとちゃん朝市」で小学生や家族を対象としたイベント企画などを行った。

  

11.国連SDGs×イバラキ
ibdaikh20180509_006.JPG
2015年に国連で採択されたSDGs(持続可能な開発目標)を学び、地域に広めるための活動をしている。

  

12.さとみ・あい
ibdaikh20180509_056.JPG
人文社会科学部の「プロジェクト演習」の一環で活動。常陸太田市里美地区を主なフィールドとして、「若者・よそ者で里美の地域おこし活動」を進めている。

  

【イベント情報】
はばたく茨大生2018 春の報告会
日時:2018年4月18日(水)~5月30日(水) 平日8:30~21:45、土・日11:00~19:00  ※祝日休館
会場:茨城大学水戸キャンパス図書館本館1階ラーニングコモンズ(茨城県水戸市文京2-1-1)
入場料:無料・申込不要
詳しくはイベント情報ページ