Home Journal

写真で振り返るコミットメントセレモニー2018

レポート

 4月5日、入学式に続いて「コミットメントセレモニー2018」が行われた。5つの基盤学力を身につけるための茨城大学の教育の仕組みを知ってもらうためのイベント。放送研究会の学生たちが企画・運営を手がけた今年度のコミットメントセレモニーを写真で振り返る。

commitc1.jpg 会場が暗転し、左右のモニタに「茨城大学コミットメント」のショートムービーが流れたあと、緞帳が上がり、「踊り屋さん」のダンスパフォーマンスがスタート。

commitc2.jpg

commitc3.jpg MCを務めたのは、放送研究会の中村愛梨さん(3年)と海老澤武尊さん(2年)。海老澤さんは去年、初めて開催したコミットメントセレモニーに新入生として参加した。

「こちらに、学生・教職員・地域という三角形が描かれています。茨城大学には、すべての学生が身につける5つの基盤学力というものがあります。それを実現するためには、学生・教職員・地域の三者がかかわりあって、目標に向かって努力をすることが大事です。このかかわりあいこそが、『茨城大学コミットメント』です」

 

commitc4.jpg トラの気ぐるみを着たスタッフ(?)が背面のパネルを1枚ずつひっくり返す。

 

commitc5.jpg 各パネルには、5つの茨城大学型基盤学力が記されている。「世界の俯瞰的理解」「専門分野の学力」「課題解決能力・コミュニケーション力」「社会人としての姿勢」「地域活性化志向」。この5つを身につけることは、茨城大学のディプロマポリシー=卒業要件となっている。

 

commitc6.jpg 地域活性化のベンチャープラン提案、議員のインターンシップ、海外での研修やインターンシップを経験した学生などが登場し、それぞれの活動を紹介するとともに、5つの力のうち特に身についたと思うものについて語った。

commitc7.jpgcommitc8.jpgcommitc9.jpg「茨城大学コミットメントについて、教育担当の太田副学長にも話を聞きたいと思います。太田副学長!」とMCが呼ぶと、しばらくしたのち、トラが両手を挙げた。

 

commitc10.jpgそう、トラの正体は太田副学長だったのだ。

 

commitc11.jpg「今の気分は?」と問われ「爽やかな気分です。新入生の皆さんを迎えることができて嬉しいですね」とコメント。

「先輩たちの話はとても頼もしいですね。みなさんのような学外での活動を、私たちは『iOP』というプログラムでサポートしています。海外の協定大学への留学、企業でのインターンシップ、ボランティア活動、フィールド調査やコンテストへの挑戦など、ぜひ熱いチャレンジをしてください!」と呼びかけた。

 

commitc12.jpg 最後は会場全員で黄色いコミットメントブックをもって写真撮影。

 みなさん、これから一緒にがんばりましょう!

 

(構成:茨城大学広報室)