大学院教育学研究科(修士課程)のポリシー

ディプロマ・ポリシー

茨城大学大学院教育学研究科(修士課程)の教育目標は、教員としての専門的な知識・技術を身に付けるとともに、幅広い分野で活躍できる人材育成に貢献できる教員を育てることにある。よって教育学研究科(修士課程)では、茨城大学が修了生に求める資質に加え、以下の知識・能力及び姿勢を有する者に修士(教育学)の学位を授与する。

  1. 教員としての高い専門性を満たすために十分な知識と実践的能力及び、各専攻において教員が必要とされる専門的知識と高い実践力を有していること
  2. 教員として教育的諸課題の変化に主体的かつ柔軟に対応し、指導・援助の高度化を進められる研究能力を有していること
  3. 児童・生徒、学校の実情に沿った教員としての指導が展開できる能力を有していること
  4. 専攻、専門分野を越えて、地域志向と国際的視野を有し、社会貢献できる能力を有していること

カリキュラム・ポリシー

教育学研究科(修士課程)では、学位授与方針であるディプロマ・ポリシーに従い、その教育目標を達成するため、カリキュラム・ポリシーを以下の4項目として示す。

  1. 教員としての高い専門性を満たすために十分な知識と実践的能力及び、各専攻において教員が必要とされる専門的知識と高い実践力を育成するため、特論、演習を中心とした高度な専門科目を開講し、幅広い人材の養成を行う。また主指導教員と副指導教員が修士論文作成の指導を行う。
  2. 専門以外の分野の学問や実社会の事象についても横断的に学び、教員として教育的諸課題の変化に主体的かつ柔軟に対応し、指導・援助の高度化を進められる研究能力を養成する。
  3. 理論と実践を結び付け、教育現場の経験を通して学ぶ様々な演習授業により、教員として、児童・生徒、学校の実情に沿った指導が展開できる能力を身に付けさせる。
  4. 社会のグローバル化に合わせた共通科目や専門科目を学び、専攻や専門分野にとどまらず、地域志向と国際的視野を育み、社会貢献ができる能力を培う。

アドミッション・ポリシー

入学者に求める能力・資質

教育学研究科(修士課程)では、以下のような学生を求める。

  1. 教育について高い理想と探求心を有するとともに、教育の実践と研究について高度な能力を身に付ける意欲を有する人
  2. 教育に関連する学士課程卒業レベルの知識、技能を有するとともに、広い見識と専門的な研究能力とを身に付ける意欲を有する人
  3. 教育関係職業人としての見識と専門的技能を活かして研究を展開し、教育関連諸課題について理論的・実践的に問題解決に取り組み、教育現場や社会の発展に寄与しようとする意欲を有する人

関連リンク

教育学研究科の各専攻のポリシー

大学院教育学研究科教職実践高度化専攻(教職大学院)(教職修士)のポリシー

修士課程・博士前期課程のポリシー

他研究科のポリシー

再構築を実行中です...