学士課程のディプロマ・ポリシー(学位授与方針)

茨城大学の教育目標は、変化の激しい 21 世紀において社会の変化に主体的に対応し、自らの将来を切り拓くことができる総合的人間力を育成することである。そのために茨城大学の学生が卒業する時に身に付けているべき能力を、以下に示す 5 つの知識及び能力で構成されるディプロマ・ポリシー(卒業基準)として定める。これら5要素の比重は分野毎に異なるが、茨城大学を卒業する学生は、どの分野で学んだとしてもこれらの知識・能力を備えていることが必要である。

1.世界の俯瞰的理解

自然環境、国際社会、人間と多様な文化に対する幅広い知識と俯瞰的な理解

2.専門分野の学力

専門職業人としての知識・技能及び専門分野における十分な見識

3.課題解決能力・コミュニケーション力

グローバル化が進む地域や職域において、多様な人々と協働して課題解決していくための思考力・判断力・表現力、及び実践的英語能力を含むコミュニケーション力

4.社会人としての姿勢

社会の持続的な発展に貢献できる職業人としての意欲と倫理観、主体性

5.地域活性化志向

茨城をはじめとする地域の活性化に自ら進んで取り組み、貢献する積極性

 

関連リンク

各学部のポリシー

再構築を実行中です...