海外での活動に対する支援

グローバル教育センター(CGE)では、海外での留学や研修参加を希望している学生に対し、個別の相談に応じるほか、各種ガイダンス等で情報提供しています。 また、外国に渡航する学生に対し、旅費の一部、国際学会発表にかかる経費の一部を支援しています。各支援の募集期間は、国際交流課までお問い合わせください。

大学院生国際会議挑戦

海外派遣学生旅費支援金

海外で授業の一環として行われる語学研修や文化研修等に参加する学生(学部生・大学院生)を対象に、航空賃や滞在費などの旅費の一部を支援します(1人4万円。返済不要。金額は応募者数等により変わる場合があります)。希望者は担当教員を通じて所定の申請書をCGE(国際交流課)へ提出します。国際交流委員会の審査を経て学長が採否を決定したのち、CGE(国際交流課)から応募者へ文書で通知されます。

対象者

家庭の経済状況や成績を問わず、すべての正規生が対象となります。支援を受けられるのは、年度内1回です。他の奨学金・支援金との重複は認められません。年度の異なる別のプログラムであれば、在学中に複数回申請することが可能です。

対象となる活動

  • 本学の教員が主担当(代表)である正課授業
  • 交流協定を締結している大学への短期語学研修プログラム
  • 大学の単位として認定される短期派遣プログラム
  • 学生就職支援センターによる海外インターンシッププログラム

募集期間

CGE(国際交流課)までお問い合わせください。平成29年度の募集は終了しました。

利用者の感想

  • 海外留学やお金のかかる海外インターンに参加したくても、経済的な理由で参加できない方もいると思うので支援金はありがたい制度だと思いました。
  • 支援金を頂いたおかげで、ゼミ生全員で、海外巡検を経験することが出来ました。この支援金制度を活用し、後輩達にも積極的に海外研修に行って欲しいと思います。

大学院生国際会議挑戦プロジェクト(国際会議発表支援)

海外で開催される国際会議、国際シンポジウム、国際学会等に参加する大学院生で、主たる発表者(First Author)として口頭発表またはポスター発表等を行う学生を対象に支援します(1人5万円。返済不要。金額は応募者数等により変わる場合があります)。希望者は指導教員の承諾を得たのち、所定の申請書をCGE(国際交流課)へ提出します。採否は、国際交流委員会の審査を経て学長が決定したのち、CGE(国際交流課)から応募者へ通知されます。なお、日本学術振興会特別研究員に採用され、研究奨励金を受給している学生は本支援の対象外です。

対象者

家庭の経済状況や成績を問わず、すべての大学院生が対象となります。支援を受けられるのは年度内1回です。他の奨学金・支援金等との重複が可能です。

対象となる活動

  • 国際会議
  • 国際シンポジウム
  • 国際学会

募集期間

CGE(国際交流課)までお問い合わせください。平成29年度の募集は終了しました。

利用者の感想

  • 日本人研究者と外国人研究者から研究アドバイスをいただき、今後の研究における道が見えた。
  • 今後も国内外問わず自分の研究を多くの方に知っていただく機会に果敢に挑戦し、さらに研究を発展させたいと思います。

お問い合わせ・お申し込み

CGE(国際交流課)
TEL:029-228-8592
Mail:oisi-uni[a]ml.ibaraki.ac.jp  ※[a]を@に変換してお送りください。

再構築を実行中です...