障がい者支援

茨城大学は障がいのある学生をサポートします

 本学では、平成28年4月1日より施行された「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律」(平成25年法律第65号)の規程に基づき、「障がいを理由とする差別の解消の推進に関する基本方針」(平成27年2月24日閣議決定)に即して、教職員が障がいのある学生を適切にサポートできるよう対応規程を定めています。
 上記対応規程に則り、障がいのある学生の受験に際しての事前相談や入学試験時の対応、入学後における修学上等の支援を各学部及び学生支援センターで行っています。
 障がいの有無や程度に関わらず、支援を希望したい、少し困ったことがある、という方はお気軽にご相談ください。学生、保護者及び大学関係者一体となって考え、合意形成を図りたいと思います。

国立大学法人茨城大学における障害を理由とする差別の解消の推進に関する対応規程

障害を理由とする差別の解消の推進に関する留意事項

入学前の事前相談

 受験上配慮を必要とする方、入学後、支援を希望したいがどのようにしたら良いか分からない、授業で困ることがある、生活・就職に悩みがあるなど、困っていることがある方はひとりで悩まず、下記の事前相談窓口にお尋ねください。随時相談に応じています。

事前相談窓口

バリアフリー推進室
〒310-8512 茨城県水戸市文京2-1-1
電話:029-228-8499

 事前相談の結果、今までに本学で行った受験上の配慮内容の一部を紹介します。下表にない配慮につきましても、相談の結果、配慮できることもありますので、お気軽にご相談ください。
 なお、障がいの程度により、必ずしも希望する内容が配慮されるとは限りません。

 視覚・聴覚障がい、肢体不自由、病弱、あるいは発達障がいなどの事由や状況により、次のような配慮を講じています。

受験上の配慮内容
●試験時間の延長
●問題を拡大する
●補聴器の使用
●特性椅子の持参使用
●拡大読書器の持参使用 (電源確保及び広めの机使用)
●試験時間中のルーペの使用
●歩行器を机の脇に置く
●試験場内での車椅子及び松葉杖の使用
●医療機器の使用
(他の受験生に影響が出ると判断した場合は別室受験)
●手袋、サポータ、タオルの使用許可
●面接時に本人に質問が聞き取れるように配慮
●座席を前列に指定
●試験室をトイレ近くに設定
●別室受験
●1階又はエレベーターが利用可能な試験室の設定
●試験室までの付添者の同伴
●用便等の介助のための付添者の試験場入場
●問題冊子や解答用紙をめくる等の介助
●試験場への車の入構 等

入学後の修学相談

 障がい等により、授業の受講に支障をきたす場合、又は、日常生活のことや今後の就職のことについて困っていること、相談したいことがありましたら、お気軽に所属学部・研究科の学務係にお尋ねください。
 入学後(又は在学中)に支援した内容の一部を紹介します。下の表にない支援につきましても、できる範囲内の支援は行いますので、お問い合わせください。
なお、障がいの程度や内容により、必ずしも希望する支援が受けられるとは限りません。

 視覚・聴覚障がい、肢体不自由、病弱、あるいは発達障がいなどの事由や状況により、次のような支援を講じています。

修学上の支援内容
●拡大鏡の使用
●健康スポーツ(実技)の配慮
●車椅子専用机の設置
●車椅子専用駐車場の設置
●授業担当教員への病状等の通知 等
修学・生活・健康・就職に関する相談窓口
人文社会科学部029-228-8106(修学)
■029-228-8102(生活・健康・就職)
教育学部029-228-8207(修学)
■029-228-8204(生活・健康・就職)
理学部029-228-8335(修学)
■029-228-8332(生活・健康・就職)
工学部0294-38-5009(修学)
■0294-38-5011(生活・健康・就職)
農学部■029-888-8519(修学・生活・健康・就職)
共通教育センター029-228-8415(修学)
学生支援センター029-228-8570(生活)
キャリアセンター029-228-8797(就職)
保健管理センター029-228-8082(健康)
バリアフリー推進室029-228-8499(修学・生活・健康)

      ※■は研究科の窓口も兼ねる

バリアフリーマップ

 バリアフリーマップは、障がいのある学生がキャンパス内で使用できるトイレ、エレベーター、車椅子用駐車スペースや建物入口のスロープなどの設置状況をお知らせし、あらかじめ利用できる施設・設備等を確認するために作成しています。茨城大学は今後もバリアフリーの充実に努めます。
 修学環境等のご相談は、各学部・研究科の学務係までお願いします。

茨城大学バリアフリーマップ


■教育学部B棟1階スロープ


■理学部E棟入口車椅子専用駐車場


■教育学部C棟1階エレベーター


■共通教育棟2号館1階多目的トイレ

開講授業

 茨城大学では、基盤教育科目(環境と人間)として、「障がいのある人と共生・共存する社会~障がいを知る~」の授業を開講しています。この授業では、普段の生活ではあまり係わることのない障がい当事者とじかに係わることにより障がい者とは何かを知ります。また、障がい者についての基礎的な知識、ハンディキャップをもつ人々と共存することの大切さを学びます。


■福祉機器(車イス、スロープ)を利用したバス乗降体験学習


■アイマスク等による身体の不自由な高齢者の体験学習

再構築を実行中です...