茨城大学創立70周年
茨城大学創立70周年
茨城大学創立70周年

茨城大学は、2019年に創立70周年を迎えます。

茨城大学は、1949年5月31日に、旧制水戸高等学校、茨城師範学校、茨城青年師範学校、多賀工業専門大学が統合され、新制大学として発足し、1952年には県立農科大学が、農学部として合流して、現在の骨格ができました。

さらに、2024年には、各ルーツ校のうち最も歴史の古い拡充師範学校の創設から数えて150周年の節目を迎えます。

茨城大学創立70周年記念事業

茨城大学の創立70周年を記念し、地域の“知の拠点”としての歴史を振り返り、将来の展望を考える機会にするとともに、未来の社会を担う学生の学修環境を向上させるキャンパス整備事業や、新しい教育のチャレンジを展開します。

キャンパス整備 ―より快適で発展的な学修環境を実現

より快適で発展的な学修環境を実現

水戸・日立・阿見の3つのキャンパスを整備します。

福利会館(学生生協)の食堂を増床し、学生や地域の方々の憩いの場としての機能を充実させます。

正門付近が開放的な景観に整備され、より開かれたキャンパスとして生まれ変わります。

地域の食の未来を支える新たな研究・フードイノベーションセンター(仮)を新設します。

※各キャンパス整備の写真・画像はイメージです。

はばたく茨大生たちを支える新しい教育のチャレンジ

3年次の学生約1,800人が海外研修や地域活動などに取り組む「iOP(internship Off-campus Program)」が、2019年から本格展開されます。
未来へはばたく、たくましい茨大生を育てる本学の新しい教育のチャレンジに、皆様のご理解・ご協力をお願いいたします。

iOP(internship Off-campus Program)とは?

2017年にスタートした茨城大学の新しいカリキュラムでは、学部3年次の第3クォーター(9月下旬〜11月)を、iOP(internship Off-campus Program)クォーターと呼び、原則的に必修科目は開講しません。夏季休業とあわせて、長期的でアクティブな学修活動に学生たちが取り組みます。

 

茨大ビジュアル年表プロジェクト

茨城大学の歴史を、関係者へのインタビュー映像や貴重な画像資料で照会する「茨大ビジュアル年表」を制作します。
本学が社会の中で果たした役割や実績を多角的に振り返るデジタルコンテンツです。

みんなの“イバダイ学” プロジェクト ―これからの茨大を考えよう

茨大は何をめざすべきか?どうあるべきか?
―そういった思索を深め、ともに共有し、語り合いながら茨城大学の将来像を構想してビジョンにつなげる企画です。学内外でワークショップやシンポジウムを展開し、その過程や成果を発信します。

記念式典等

茨城大学創立70周年記念式典

開催日 2019年5月25日(土)
会場 茨城大学水戸キャンパス講堂(水戸市文京2-1-1)
「茨大ビジュアル年表プロジェクト」・「みんなの“イバダイ学” プロジェクト」のプレゼンテーション、学生活動の発表等を予定しています。

茨城大学基金寄附のご案内

茨城大学基金では、本学の創立70周年記念事業にご理解、ご支援をいただける方からのご寄附を受け付けております。
詳しくは茨城大学基金Next Stepのホームページをご覧ください。

茨城大学創立70周年記念事業Facebookページ

事業の進捗状況や最新情報を発信しています。